美容ブログ

maimai美容ブログ

妊娠線クリームランキングを参考にしました

      2017/01/20

妊娠線を予防するにはクリームを使用している方も多いかもしれませんが、妊娠線クリームランキングを参考に妊娠線予防に必要な成分の良いクリームを買うことは大切です。妊娠線を予防するには、良い成分で保湿をすることです。

ですから、妊娠線への効果が高いクリームは高級美容オイル同様、妊娠線を予防する効果があるのです。

そんな保湿効果の高い妊娠線クリームの中でも、妊娠線が残りにくい成分のシラノールを配合した妊娠線クリームがありますので、用途別におすすめなクリームと予防法を紹介します。

まずは、普段使い、夏場の保湿におすすめな妊娠線予防法が、うすくベルタマザークリームを塗ってからグレープシードオイルを塗る方法です。
夏は暑くてクリームを塗るのも大変だと思うので、薄めにして、サッパリしたオイルを併用してケアするのが良いと思います。
グレープシードオイルは、コレステロールゼロのオイルで、ビタミンやポリフェノールも多く含み、美容効果も高く、保湿効果も高いので、夏の妊娠線予防にはもってこいです。
妊娠線クリームランキングの1位のベルタマザークリームとグレープシードオイルの併用は効果的だと思います。

他の季節でも、普段からベルタマザークリームを使用すれば、シラノール成分で肌の保湿を高めるのに非常に効果的ですし、例えば、妊娠中にビキニになったり、お腹を見せる格好をする時には、日差しによって肌(お腹の皮膚)が乾燥し、妊娠線ができやすくなります。

その時はグレープシードオイルを上から塗るのが良いです。
日差しをカットしてくれる効果がこのオイルにはあるので、お腹の皮膚の乾燥を防ぎ、妊娠線を予防する方法の1つとなります。また、比較的お手頃価格で手に入るので、あまりお金をかけたくないという人にもお勧めです。

もう1つが冬場のアルガンオイルとベルタマザークリームの併用です。

アルガンオイルは、オーガニックオイルで、肌が敏感な方にもご使用いただけるオイルですし、おなかの赤ちゃんにも影響しにくいオイルとだと言えます。
このアルガンオイルは保湿効果は抜群ですが、特に冬など乾燥しやすい時期にはもっと保湿をしたいと思いますよね。そこで、さらにこの保湿力を高める方法としては、お風呂からあがる前に、ちょっと水気があるお腹にこれを塗ることによって、更に妊娠線クリームが肌に浸透しやすくなるので、妊娠線をより予防できるという効果があります。

 - maimaiメンバーの口コミ

リスク